文字の大きさ
採用情報

自分の存在が仕事にダイレクトに反映されるところが魅力的でした

自分は一体どんな仕事をしたいのか、どんな働き方をしたいのか…と改めて考えていたころに出会ったのが朝日エルです。自分の存在が仕事にダイレクトに反映されるところが魅力的でした。働くなら、存在感のある働きをしたいと思ったんです。

「好き」や「良い」という視点を大切にしている会社

企画をして、営業をして、イベントの運営まで全部自分たちでやります。その過程にはたくさんの知識やスキルが必要で、企画がどのように生まれて、その企画にはどのような思いが詰まっていて、どのような人が関わっているのかを感じながら、実現に向けて進めることは楽しいなと感じています。また、自社だけではできないことを、行政や自治体、NPO、企業など様々な立場の人と協働しながら進めていくことは、朝日エルの醍醐味だと思います。

「あなたは何がしたいの?」

朝日エルは「あなたは何がしたいの?」を常に問われる会社です。新人であっても責任のある仕事を任されプレッシャーもありますが、それを乗り越えるバネとなるのは「この仕事がしたい!!絶対、社会の役に立つ!!」という強い想いです。上手に言葉に表せず、論理的に文章化されていなくても、真摯な想いを持って伝えれば、「それ面白いね!」と応援してくれるのが朝日エルです。

その時代にとって必要なことを察知し、サービスとして提供する会社です

「自分たちが良いと思ったこと(社会に必要だと思うこと)を仕事にしている」という言葉に強く惹かれました。「社会に必要なこと」を仕事にするためには、その時代、瞬間の社会にとって必要なことを察知し、サービスとして提供することでもあるので、この会社なら仕事を通じてマーケティングの知識や力も増やしていくことができるのではないかと思ったんです。