文字の大きさ
採用情報

私達と一緒に
新しいビジネスを作っていきましょう

代表取締役社長からのメッセージ

朝日エルは、時代によって求められる役割は変わり、仕事の内容も大きく変化してきました。創業当初は化粧品や美容家電のプロダクトマーケティングを中心としてきましたが、その後、「看護の日」をきっかけに、健康・医療について取り組むようになり、今では女性医療、子どもの健康、がん医療、教育、子育て、介護、障がい、環境などの幅広い領域に広がっています。

「女性医療」に取り組み始めた17年前、当時は女性たちが自分の健康について考える機会も関心も薄い領域でした。しかし、女性医療者たちの「女性の健康について何とかしたい」という想いに、朝日エルが「女性が働きやすい社会の実現」を目指して創業した背景からも大いに共感し、協働して組織をつくり、社会へ啓発するための情報提供やセミナー・勉強会、資料づくり、PRなど様々な事業を継続的に展開しました。その結果、現在では多くの女性たちが自身の心身の健康について関心をもち、マネジメントしていきたいと考えるようになっています。

朝日エルの仕事は、専門領域に特化したものが多く、一緒に仕事をするクライアントや専門家から求められるレベルは高く、厳しいものがあります。そして、企業だけでなく、官公庁、自治体、専門職団体、NPO団体、ボランティア団体など様々な立場の方と接する機会も多く、そのような多種多様な意見を集約、調整して形にしていかなければなりません。「このくらいでいいや」ではなく、より良いものにしていこうという向上心とどんな仕事に対しても話をまず聞く、謙虚に学ぶ姿勢を持つことが必要です。
難しい仕事も多いですが、複雑なものの中から新しいものを生み出す楽しみ、そして社会の変化を体感することができます。

朝日エルは、その時代の新しい領域、将来へつながっていくテーマに積極的に投資し、取り組んできました。社内にはルールにとらわれない、縛られない人が多いことも特徴です。その中でおおらかに、でも仕事に対しては緻密に考え、真摯に取り組める人、共に仕事をする人に対して、思いやりを持てる人に来ていただきたいと思います。

朝日エルに興味を持った方は、ぜひ会社訪問やインターンへいらしてください。 
どんな人が働き、どんな仕事をしているのか体感してください。女性ばかりの会社ですが、性差を感じさせない、むしろ“男らしい”女性が多い会社です。女性でも男性でも社会のために、他の人の幸福のために志を持って働きたいと考える、若い力をお待ちしています。

 代表取締役社長 中村和代